活動報告

保育所等訪問支援サービスについて

投稿日 2019年4月26日

今日は、福祉センター(子ども発達支援センター)で、今年度の『保育所等訪問支援サービス』の契約を結んできました。

保育所等訪問支援サービスとは、集団生活に課題のあるお子さんについて、相談員の方が、保育所、幼稚園、認定こども園、小学校や特別支援学校等を訪問し、お子さんが集団生活に適応できるよう、職員の先生方に対し専門的な支援を行ってくださるサービスです。

中央区では、このサービスは民間業者に委託されており、毎年相談員の方の入れ替わりがあるため、継続的な支援という観点では疑問符がありますが、保育所や小学校等に対して、訪問や支援が入ることにより、「気にかけておいてほしい子どもである。」という注意換気を促すという意味で、意義のあるサービスであると私は認識しています。

中央区の委託先では、年に3回(お子さんの行動観察と先生との面談でワンセット)しか利用できませんが、民間の療育施設でもこの保育所等訪問支援サービスを行っている業者さんもあるため、そういった業者さんとも契約を結めば、利用頻度を高くすることも可能です。

サービス利用料は無料ですが、利用するためには通所受給者証の発行が必要となります。通所受給者証の発行に診断名や障害者手帳は不要ですが、具体的な発行手続きについては、以下に記載の問い合わせ先(03-6260-6464)か、中央区役所の障害者福祉課(03-3546-5389)まで問い合わせてみてください。

配布資料ダウンロード

配布資料ダウンロード
この製品は障害者が制作に関わっています

ページの先頭へ

以下、検索エンジンの表記揺れ対策用文字列です。かわしまみさと,河島美里